年齢を重ねた浮腫み症状の原因は〇〇

年齢を重ねてくると体の調子と共に浮腫み症状も発生しやすく感じてしまう人は多いのではないでしょうか。ですが、年齢が浮腫みやすい体を作ってしまう理由になっていません。

ただ、年齢に伴う肌の老化によって肌のハリが失われるとたるんだり、水分を溜め込みやすくなる事実もあります。また心臓や腎臓といったポンプ機能をはたすパーツも老化して若い頃のような活発な働きができないのも理由。年齢のせいというよりは体の老化によるものが浮腫み症状を引き起こしているのです。

下半身、特に脚は浮腫みやすいですが、これが全身性浮腫み症状となった時は年齢による肥満体質や動脈硬化によって心臓への負担がかかることで血液やリンパ液の流れが悪くなり浮腫み症状が発生しやすいと考えることができます。心臓にもどる血液を運ぶ血管は静脈に呼びますが、ここの機能、リンパ液の流れが悪くなることで水分が皮下組織に溜まってしまうと浮腫みやすい体質になります。

年齢を重ねて浮腫み症状が強くなった感じる人はまず体を元気にさせる。若返りを意識したケアを行うことで腎臓、心臓などの機能が強くなり浮腫み症状を抑えることができます。まずはこの若々しい体つくりを意識して改善していくことが大切です。

加齢を伴うと増える老人性浮腫

老人性浮腫と呼ばれる浮腫み症状があります。これは心臓や腎臓など内臓の機能低下以外にもふくらはぎなどの心臓に血液やリンパ液を押し戻そうとするポンプ機能が低下している理由も挙げられています。

そして加齢によって皮膚の弾力がなくなります。こうなると皮下組織では浮腫みの圧が静脈の圧に負けてしまい水分を静脈に戻せないことが原因とも考えられています。

高齢者になってくるとどうしても運動不足や肌の老化などは起こります。できるだけ早い年齢からケアして最小限に老化を遅らせることがいつまでも若々しいスタイルや美貌を保つ秘訣にもなりますので、年齢を重ねて浮腫み症状が強くなったと感じている人は老化サインです。早く行動を起こして若々しい体作りをしていきましょう。

MENU

Copyright (C) 丸の内で働くOL「チカ」の美脚ブログ All Rights Reserved.