脚を細くするための生活習慣

脚を細くするために改善できるポイントは、普段の生活習慣の中に数多く存在しています。

普段の姿勢や体勢もその中の一つ。

脚を組んだり脚を圧迫する姿勢は、骨の変形を加速させ、血液の流れまで遮ります。こういった要因が脚太りの原因となっていることがあるのだ。

骨が歪むということは、正常に骨が伸びていないということ。それは、筋肉や脂肪の付け方にまで影響が出る。

骨が外側に歪めば、骨の周りにつく筋肉も外側につき、筋肉にそってつく脂肪も自然と外側へ蓄積される。

この脂肪の蓄積が進むほど、脚がより太く見える原因となる。

脚を圧迫し、血液の流れを遮ることは代謝の流れを遮ることだ。血行不良は、冷えやむくみの原因となることがある。

そして、日頃あまり運動をしないのも大きな要因だ。

脚の筋肉の活動を活発化しなければ、脚痩せの効果は非常に低い。

更に、毎日の食事にも大きく影響している。

エレルギーを作り出す栄養分が、体内で分解されず脂肪となって蓄積することは、肥満に繋がる。

栄養バランスの良い食事と、その栄養分を体内に溜め込まず分解して排出できる食事が大事である。

そのためにも、食事の始めに「野菜」を摂ることが基本なのだ。

野菜を食べることで、血糖値の急激な上昇を抑える働きがある。これはインシュリンの働きが大きく関係する。

通常、人の体は食事をし血糖値が上昇する。その後インシュリンが分泌され、エネルギー源として各細胞に糖が送られる。しかし、余った糖はエネルギーに変えられずに、脂肪細胞へと送られる。

このような状態が続くと、脂肪の体積が増え続け、太る原因となるのだ。

太らない為には、血糖値の上昇を緩やかにすること。その為には、体に糖分を取り入れる前に野菜を摂取しておくことが大事だ。

野菜を最初に食べることは、食事量を減らす効果もある。

野菜を噛むことで、満腹中枢が刺激され、自然と満腹感を得ることができる。

更に、食物繊維を多く含む野菜には、脂質の吸収も抑える働きがあるのだ。

こういった日々の暮らしの生活習慣の改善が、脚痩せに大きく関わっていることといえるのだ。

MENU

Copyright (C) 丸の内で働くOL「チカ」の美脚ブログ All Rights Reserved.